本文へスキップ

看護師にはなりたいけど志望動機を考えるのが面倒くさい新卒者、事例別の例文を多量に用意!

看護師の仕事とは?

看護師の仕事とは?>保育園で看護師として働く

保育園看護師という働き方



保育をする看護師さん

保育園で働く看護師って聞いたことありましたか?

保育園看護師と呼ぶ人もいます。

看護師として園内で以下の業務を行います。


まずは園児の傷病対応です。

園児が起こした突発的なケガやもともともっている病気に対応したりします。

ただし、看護師としては基本的に医療行為はできません。

消毒をしてればよいほどの軽いケガや症状であればいいんですが、時には救急車を呼ぶ判断も求められます。


次に服薬管理です。

園児の中には疾患をもって登園しているこどもも少なくありません。

園児がきちんと薬を飲めるように援助しないといけません。


他には保健だよりの作成です。

インフルエンザ・ノロウイルス等、季節によって色々な感染症がはやります。

家庭内で園児がどのように気をつけるべきか書類を作成します。

一般家庭向けの便りなので特に難しいということはありません。


保育園によってまちまちですが、保育の補助も行う場合もあります。

つまりは保育士さんの手伝いですね。

園児の遊び相手や世話を行うということです。


保育園によっては経験不問で就職できるところもあります。

しかしながら、保育園看護師としては小児特有の病気・症状を知っておいた方が良いと思われます。

職業柄、園児の親に病気について質問されることあります。

医者ではないのですが、ある程度の症状・対応は知っておかないと看護師としては失格ですよね。

自信を持つ意味でも病院で小児看護の経験をある程度積んでから働くことをおすすめします。


気になる勤務形態といえば、だいたい平日のところが多く、土日は基本休みです。

これだけ聞くといい話であると思われるかもしれません。

病院・クリニックみたいに園内に看護師が何人もいることはまずないので休みは取りづらいと思われます。

興味がある人は面接の際に確認することをおすすめします。