本文へスキップ

看護師にはなりたいけど志望動機を考えるのが面倒くさい新卒者、事例別の例文を多量に用意!

看護師の仕事とは?

看護師の仕事とは?>病院(手術室)

病院(手術室)

手術室での看護師の仕事

手術室で直接メスなどの手術器具を医師に手渡したりする器械だし看護師やその手術室全体のバックアップをする外回り看護師がいます。

器械だし看護師は各科の手術の方法を理解し手術器具を用意する順番などを先取りし迅速に医師に手渡すという役割があります。

医師によって同じ手術器具でも呼び方が違うという困ったこともあるため手術の流れ、手術の器械の知識を持っておくことが重要となります。ただ単純に医師のいうどおりに手術器具を渡せばいいのではないのです。医師との息をあわせて手術が円滑にすすめられるようにするのが器械だし看護師としての力といえそうです。



外回り看護師の仕事とは?外回り看護師は手術全体の流れを把握して手術中の患者さんの保温状態の確認(全身麻酔下では低体温となる可能性がある)、術野を見ながらのライトの調節、術式に応じて体位の調整、薬剤や器械類の補充、記録等を行います。




また術中の患者さんの表情・言動を観察し不安の軽減に努めたり、麻酔の介助をしたり控え室で待つ家族への現状報告などの情報伝達をしたりします。また術後管理が安全に行われるため集中治療室(もしくは病棟)へ患者さんの術中の情報を申しおくる役割があります。

おおよそ新人は器械だし看護師からと相場は決まっています。それは外回り看護師は全体をみて判断する力が必要であるからといえます。