本文へスキップ

看護師にはなりたいけど志望動機を考えるのが面倒くさい新卒者、事例別の例文を多量に用意!

看護師の仕事とは?

看護師の仕事とは?>看護師の勤務形態について

看護師の勤務形態はさまざまです。



看護師の仕事の勤務形態一般病棟における看護師の勤務形態は大きくわけて2つ(3交代と2交代)です。

施設によって各々時間は違いますがおおよそ以下のとおりとなります。


3交代制は日勤・準夜・深夜に分かれます。

3交代
日勤 8時30分〜17時00分
準夜 16時30分〜1時00分
深夜 0時30分〜9時00分

急性期の病院など多くの施設で3交代を取り入れています。

限られた看護師で1日中患者さんの看護をしなければならないので3交代の勤務の流れとして日勤の次の勤務が深夜勤務となることが多いです。

日勤業務終了後すぐに帰宅できればいいのですが、記録や雑務などがあり、すぐに帰宅できることはあまりありません。

さらに深夜業務の情報収集があるので0時ごろには職場に到着しないといけないのです。

ほとんど寝る暇はないですよね?

ここが3交代のきついところ
かと思います。

新人さんは特に緊張感が強く、家に帰っても中には一睡も出来ない人がいるようです。


↓2交代制は日勤・夜勤に分かれます。

2交代
日勤 8時30分〜17時00分
夜勤 16時30分〜翌9時00分

慢性期の病院では2交代を取り入れているところが多いです。

夜勤の時間をみるととても長いことがわかります。

休憩も2時間程度と必然的に長くなるのでしょうが夜間でも施設によってはナースコールがなりっぱなしというところがあります。

少ない人数で看護するわけなので規定の休憩時間を取得できていない施設は少なくないでしょう。

どちらにしろ身体的にきついことがおわかりでしょう?

1回勤務するごとに長時間働くので必然的に休みが少しだけ長くなります。(実際は変わりませんが…)

体力のある若い看護師さんには比較的人気の勤務形態です。