本文へスキップ

看護師にはなりたいけど志望動機を考えるのが面倒くさい新卒者、事例別の例文を多量に用意!

看護師の仕事とは?

看護師の仕事とは?>病院(病棟)

病院(病棟)



看護師はいつも大忙し

一般的にベッド数が20床以上の施設を病院といいます。病院といっても様々な種類があり働き方も色々あります。(大学病院、赤十字、民間、国立系等)

看護師の仕事としての視点から考えると、一般病棟(内科、外科)・手術室・外来に分類できます。

まず一般病棟での看護師の仕事を見ていきましょう。みなさんが一般に看護師として働くことをイメージするのはここではないでしょうか?

看護師は医師の指示に基づいて診療の補助を行い、また患者さんの療養上の世話をします。具体的には採血や点滴、入浴介助や清拭といった清潔のケア、経管栄養などの食事の介助、体位変換などの床ずれ予防、看護計画立案、記録入力などがあります。

消化器、循環器、呼吸器科等様々な診療科があるわけですがその科に応じて特徴的な疾患があります。

消化器でいえば胃がん、循環器でいえば心筋梗塞などでしょうか。疾患、各種検査、治療等の知識を持ち看護の技術として活かしていきます。

知識を持ってないと患者さんに説明できますか?病状説明は医師が行いますが、病棟では一番近くにいる看護師に質問したくなるものなのです。患者さんの傍らに寄り添い心のケアを行ったり、相談にのったりする上で多くの知識・技術が必要になってきます。

時代とともに検査の方法、治療の方法が変化していきます。つまり看護師は継続学習をしていく必要があるのです。

逆に考えると知的好奇心をそそられるといいますか、学習の終わりがないためやりがいが常にある仕事であるといえます。