本文へスキップ

看護師にはなりたいけど志望動機を考えるのが面倒くさい新卒者、事例別の例文を多量に用意!

看護学校面接対策

看護学校面接対策>看護師と薬剤師の違いと関係性?

看護師と薬剤師の違いと関係性?



薬剤師と看護師

看護師と薬剤師との関係も深いものがあります。

簡単にですが、看護師と特に関係性が深い病院での薬剤師の仕事内容を説明します。

患者さんに必要と思われる薬は医師がオーダーし、処方箋を発行します。

それを基に飲み合わせに問題ないか、投与量など間違いないかを判断し調剤することが大きな仕事といえます。

時に医師に間違っていることを指摘することもあります。

(薬剤師の仕事について、他の仕事もありますが、ここでは割愛させていただきます。)

さて、看護師の仕事にうつります。医師の指示に沿い、治療上必要な内服薬や注射・点滴を患者さんに投与します。

内服薬に関して、薬局が調剤した薬を患者さんに与薬するのは看護師の仕事です。

”これ何の薬?”と患者さんに聞かれることしばしばあります。

薬の作用と副作用は看護師としても知っておく必要があります。

また薬を与薬したらそれで終わりというものではありません。

おこりうる副作用を考えて副作用がでないかを観察し、必要時医師へ報告し対処しなければなりません。

患者さんによっては、退院後、一人で薬を管理しなければならない人もいます。

入院中に、一人で薬の袋をあけて間違いなく飲めるかを確認しておかなければなりません。

薬を飲み間違えてしまう場合や、一人で薬を飲めない場合は、訪問看護を活用したり、家族に依頼したりして対応します。

注射薬についてですが、ものによっては混ぜてはいけないものやゆっくり点滴しないと命に関わる薬剤などがあります。

基本的には看護師も知っておかなければいけませんが、薬に関して、細心の注意をはらい、不明点を薬剤師に確認して間違いなく患者さんに投与できるようにしないといけません。


<まとめ>
・医師の指示通り、患者さんに薬を間違いなく飲んでもらったり、注射したりするのは看護師の仕事である。

・薬の作用・副作用はある程度知っておかなければならない。


薬剤投与後の観察・副作用の早期発見が重要とされる。

・薬剤師と連携をとり、間違いなく患者さんに薬剤を投与する必要がある。