本文へスキップ

看護師にはなりたいけど志望動機を考えるのが面倒くさい新卒者、事例別の例文を多量に用意!

看護学校面接対策

看護学校面接対策>看護師と医師の違いと関係性?

看護師と医師の違いと関係性?



医師と看護師

医師と看護師の違いは大半の人がわかるのではないでしょうか。

医師はよくテレビドラマとかでとりあげられますしね。

誰もが知っているように看護師が手術をすることもありませんし、薬をオーダーすることもありません。

ここでは違いというよりも医学的知識を持つ看護師の必要性を述べたいと思います。

看護師の役目には患者さんがより良い余生を送れるように健康を増進することや病気を予防するために援助していくことがあります。

例えば糖尿病の患者さんがいるとしましょう。

血糖が高いまま放っておくと体が腐ったり重い感染症にかかってしまったりしてしまう可能性があります。

血糖を下げる薬をきちんと飲んでもらうように指導したり、運動を促したり、食事の内容の助言をしたりと病気が進行しないようにしていくためには多くの技術・知識が必要になってきます。

患者さんのそばにいる看護師は良き相談相手と思ってください。

医師に聞きにくいことも看護師には話せる患者さんもいるのです。

ここで正しい医学的知識がなければ何も助言することができません。

また看護師が患者さんと接する上で大切なことがあります。それは異常を発見することです。

医師は高度な医学的知識を持ち合わせているとはいえ、絶対数が少なく患者さんに直接的に接する機会が少ないです。

それに比べて看護師は患者さんと接する時間が長いため異常を早期に発見することが可能です。

心臓マッサージなど早期に対処することで患者さんの命を助けることにつながることもあります。

いつもと違うな、おかしいなと気づける感性や知識を養いたくないですか?

あなたの一瞬の判断で尊い命が救われるかもしれません。


<まとめ>
・正しい専門的な知識を持ち合わせた患者さんの一番身近にいる良き相談相手役となれる。

・患者さんの様子がいつもと違うな、おかしいなと気付ける感性・経験と知識を学び、異常の早期発見ができる。それにより患者さんの命を救うことができる。