本文へスキップ

看護師にはなりたいけど志望動機を考えるのが面倒くさい学生さん、志望動機を何にするか迷っている社会人必見!

気になる看護師の給料事情

看護師の仕事とは?>看護師の給料は働く病院によって変わってきます。おすすめは?

看護師の給料は働く病院によって変わってきます。おすすめは?



看護師の給料を教えて!








やはり、給料がいいとやる気がでるのは誰しも同じでしょう。

看護師の給料は働く施設によって大きく変わってきます。

就職の前に給料のことを何も知らないで就職すると損です。

ただ単に看護師と働けたらいいと思って就職してしまうとのちのち絶対後悔します。

他の同期は定時あがりで○万円もらっているのに・・・とかよく聞く話です。

病院を大雑把におおきく分別すると@大学病院A国立系B民間病院にわかれます。

(もっと細かくわけることはできますが、混乱しますのでやめときました。)

看護師の給料の損得を長期的に考えると・・・



給料が高い看護師一概にはいえませんが、生涯年収で考えると大学病院>国立系>民間病院の傾向が強いといえます。

長期的に働こうと考えている看護師さんは大学病院や国立系の病院がいいかもしれません。

それは大学病院や国立系の病院は福利厚生がしっかりしているためです。

うらやましい話なんですが、一人暮らしならば月額○千円で宿舎が借りられたり、結婚手当て金や育児休業給付金なるものがもらえたりするところもあるみたいです。

民間と大きな違いといえば退職金の面でしょうか。

何十年と働く必要がありますが、退職金は○千万になるケースもあるそうです。民間ではこうはいきません。

住宅手当、扶養手当などを含めると生涯受け取るトータルの給料は民間に比べると多い傾向にあります

看護師の給料の損得を短期的に考えると・・・

すぐに給料がほしい









初任給で考えると民間病院>大学病院>国立系病院、このような感じです。

このことから短期的に働こうと考えている場合は給料が高い民間病院がおすすめです。

もちろん大学病院や国立系の病院より低い給料で雇っているブラックな病院もあるようですが・・・。

しっかりと探せば、大学病院や国立系病院よりも初任給で10万円近く多くもらえる病院も中にはあります。

ホームページなどを見たり、知人に聞いたりして給料が高い病院を自分から選んでしまいましょう。

ここで、社会的に需要が高い看護師であるメリットを利用しましょう。他の職業ではこうはいきませんからね。

慎重に選んでくださいね。