本文へスキップ

看護学校に受かりたい学生さんや社会人の方必見!受験勉強に勝つための記憶術とは…

看護学校受験勉強対策

看護学校受験勉強対策>看護学校受験勉強対策:脳のメカニズムを最大限に活かす記憶術!?

看護学校受験勉強対策:脳のメカニズムを最大限に活かす記憶術!?



看護学校受験勉強のための記憶術受験勉強をする上でどうしても避けて通れないのが”記憶”ですね。

この記憶というものが厄介で面倒くさいものです。

1)中間・期末テストの点数はとれるが実力テストの点数が伸びない。

2)英語の単語、いったんは覚えるんだけどすぐに忘れる。

このような人は記憶そのもの自体の理解が出来ていないと考えます。

受験勉強において”記憶すること”の理解をしないと無駄な努力をしてしまうことになります。

まずは簡単に脳のメカニズムから記憶とは何かを説明します。


看護学校に入りたい。でも受験勉強があるし。








脳のメカニズムとは?受験勉強という観点から考えると…
人は忘れる生き物であることをまず理解すること。


看護学校の受験で無駄な勉強はしてませんか?








エビングハウス忘却曲線:人は記憶したことをすぐに忘れる…
受験勉強において無駄な努力とは1度覚えたことをすぐに忘れてしまうことだ。


看護学校の受験勉強に打ち勝つための最強の記憶術!

看護学校受験勉強を制して合格だ!
さて、記憶というものは何となく理解出来ましたか?

脳は記憶したものをどんどん忘れていくんでしたよね。

じゃあ、どうすれば記憶を保持できるのかということを教えます。

記憶のメンテナンスの絶妙なタイミングがあるのです。


看護学校受験を突破する最強の記憶術!?


まとめ

・無機質な情報(英単語など)の記憶保持するためには繰り返しのメンテナンスが必要である。

・暗記ものを勉強する絶妙な繰り返しの時期については

 1回目は
当日、2回目は翌日、3回目は1週間後だ。

・暗記ものを勉強するには
寝る前がおすすめである。