本文へスキップ

看護師にはなりたいけど志望動機を考えるのが面倒くさい新卒者、事例別の例文を多量に用意!

看護師志望動機

看護師志望動機看護師志望動機例文:入学・就職・転職編看護学校・大学受験編>専門学校or大学?

先輩からのおすすめ記事:どっちを選ぶ?看護専門学校?それとも看護大学?



看護専門学校?看護大学?看護専門学校、看護大学どちらを選択するのか迷っている人も多いと思います。

学費が安い等、どのような基準で入学するかは人それぞれです。

でもちょっと待ってください。

将来のことを考えると看護学校をどこにするかを安易に選んではいけません。


学費の違いは・・・

まず学費が違います。

(あくまで授業料、あくまで平均ですが・・・)

国公立大学は年に約50万、国公立付属看護学校は年に約10万、国公立短大は年に約35万程度かかります。

私立だと約2倍の学費がかかります。

私立大学だとなんと授業料だけで年に約100万ぐらいかかります。

その他、教科書代などがかかってくるです・・・。

経済状況に応じて選択しましょう。

さて、目先の費用も気になるところですが、将来のことも考えて学校は選択すべきです。


付属病院がある看護学校を選んだほうが将来有利!?

○○付属看護学校という学校に入学することができればよほどのことがない限り就職は安泰です。

付属の病院が併設しており卒業後は難なく付属の病院に就職できることが多いです。

さらにいうと付属の病院に就職する同期が必然的に多くなるので精神的に心強いですし、慣れた実習先ということでとても働きやすいメリットがあります。


勉強好きなら大学か・・・

さて、専門学校か大学かを選択する上でもう一つ重要なことがあります。

働いている看護師さんに聞いてみると看護大学を選択する人は勉強が好きな傾向があるといいます。

看護大学在学中はもちろんのこと、大学病院に就職した後も常に勉強がつきまといます。

休みの日は勉強会、仕事の終わりにレポートなどなど・・・。

なぜそうなるのかというと民間の病院と大学病院とでは機能的な部分が違うからです。

民間の病院では特異的な疾患をもつ患者さんはまず入院してきません。

大学病院は”研究・教育機関”としての機能を持つところが民間病院との大きな違いです。


技術的な部分を早めに習得したい場合は民間か。

大学病院では採血や点滴など、民間では1年目から実施する技術もさせてもらえません。

なので大学病院をやめてすぐに民間病院に転職する場合などは苦労するようです。

勉強が苦ではない人、先進医療が学びたいなら看護大学、

将来やりたい仕事(訪問看護師等)が決まっていて、臨床経験を早く積みたいなら専門学校といったところでしょうか。


看護学校の選定はじっくりと!

どちらが良いというのは一概にいえません。

看護学校と付属の病院の両方を見学してみて自分がどの方向の看護をしたいのかを考えて決めるのが一番だと思います。