本文へスキップ

看護師なるために。面接では自分の長所をからめた志望動機を述べましょう。

看護師志望動機

看護師志望動機看護師志望動機例文/長所こじつけ>協調性・コミュニケーション能力がある。

協調性・コミュニケーション能力がある。



わたくし、周りから”協調性がある”と言われてますの。

(周りから協調性があるって言われることは、そうないだろうけど…)そうなんですね…。

あ、あやめさ〜ん。突然ですがお願いがあります!

なんですか、急に。

無理なお願いなのは承知の上ですが、どうしても人手が足りなくて…。今度の忘年会の幹事お願いします。

元タカラジェンヌ、かきつばたあやめさんと知ってのご依頼か〜!ぬぬぬ〜うお〜怒ったぞ〜。ガタン、ドシン、パリン。

協調性ではなく、凶暴性があるね(汗)

患者さんによりよい看護を提供するためには、看護師どおしだけではなく、各種専門職と関わっていかなければなりません。

例えば、リハビリをしている患者さんがいたとします。

こういう場合は、理学療法士の出番です。

リハビリ室や病棟でリハビリをするわけですが、理学療法士の方が看護師よりも体の細かい使い方の知識の面では詳しいです。

相互に情報提供してリハビリの時間だけでなく、日常生活の中でもリハビリを取り入れていったりします。

例えば、糖尿病の患者さんで自宅に帰って食事療法を継続していきたい人がいるとします。

こういう場合は栄養士の出番です。看護師が患者の思いや訴えを聞き栄養士に相談します。

どのようなものをどの程度摂取すればいいか、的確なアドバイスをしてくれます。

医師は看護師に診療に関しての指示をだすわけですが、医師が意図した指示が的確におこなわれず、医療ミスを起こすことがあります。

これはコミュニケーションの欠落である部分が多いといわれています。

職員とのコミュニケーションだけでなく、患者さんと良好な関係を保つためにもコミュニケーション能力が必要になり、信頼関係構築に重要な意味をもってきます。

看護師の長所として協調性がある






それぞれの医療職が協力しあうことでより良い看護が提供できるのです。

例文
面接でよく聞かれる看護師としての長所






私の長所をあげるとすると協調性があることだと思います。

高校のときサッカーをしていました。ときにはぶつかりあったりしましたが・・・。

−中略−このように人間関係構築のためには、コミュニケーションが重要であると感じました

知人に聞いた話ではありますが、看護師という仕事は患者さんや職員どおしのコミュニケーションが必要になってくると聞きました。

患者さんとは良好なコミュニケーションをとり、信頼関係を構築することで治療の経過も変わってくる(理由:信頼関係が構築できていなければ治療拒否につながる可能性あり。)でしょうし、看護師どおしだけでなく、他職種とコミュニケーションをとり患者さんにとってよりよい医療が提供できるようにしていきたいと考えています。


<まとめ
・看護師にとってコミュニケーション能力は必要不可欠です。

・面接では長所として、過去の具体的エピソード(部活・委員会活動・バイト等)とからめつつアピールしましょう!